サステナビリティに関する基本方針

  • サステナビリティに関する基本方針

ニッセイリアルティマネジメント株式会社(以下「当社」といいます。)は、2021年3月に「サステナビリティに関する基本方針」を制定しました。
顧客であるニッセイプライベートリート投資法人が保有する不動産ポートフォリオから発生するエネルギー消費量及びCO2排出量について、2019年度を基準として2024年度までに原単位ベース(㎡当たり換算)で5%削減することを目標として、サステナビリティの推進に努めて参ります。

サステナビリティに関する基本方針

1.基本認識

当社はニッセイプライベートリート投資法人(以下「顧客」という。)の資産運用会社として不動産の投資運用業務を通じて持続可能な社会の実現に貢献することが企業理念に沿う重要課題であると認識し、本方針に基づき、顧客のサステナビリティ推進に積極的に取り組みます。

2.環境

  1. 低炭素社会形成への取り組み
    保有物件における効率的なエネルギー利用の推進や、省エネルギーに資する設備の導入等により、CO2排出量削減に努めることで低炭素社会の形成に寄与し、気候変動への対応を推進します。
  2. 循環型社会形成への取り組み
    水資源の効率的な利用や、リデュース(発生抑制)・リユース(再使用)・リサイクル(再資源化)に努めることで、循環型社会の形成に寄与します。

3.社会

  1. テナントに対する取り組み
    保有物件における防災・BCP(事業継続計画)に関する取り組み推進による安全・安心の提供や、健康・快適性への配慮等を通じ、テナント満足度の向上を目指します。
  2. 役職員に対する取り組み
    資産運用会社である当社の役職員一人一人がその能力を発揮できる健康で快適な職場環境の実現に努めるとともに、プロフェッショナルとして活躍できる人材の育成を推進します。また、教育や啓発活動を継続的に行うことで役職員のサステナビリティ意識の向上に努めます。
  3. プロパティ・マネジメント会社等との協働
    プロパティ・マネジメント会社等のサプライヤーに対し、サステナビリティに関する理解と協力を求め、協働して環境負荷の低減等に努めます。
  4. 地域社会への貢献
    保有物件を通じて地域社会の一員として、地域コミュニティとの交流や活性化に取り組みます。
  5. 情報開示の充実
    投資主を始めとする様々なステークホルダーに対し、本方針に基づく推進状況等のサステナビリティに関する情報について、適切で透明性の高い開示に努めます。

4.ガバナンス

  1. コンプライアンスの徹底
    法令・諸規則及び社内規程・契約等並びに社会規範の趣旨・内容をよく理解した上で遵守し、公正で健全な企業活動を通じて、より良い社会の実現に貢献します。
  2. リスク管理体制の構築
    業務上遵守すべき社内規程等や、ガバナンスを強化する組織体制を整備し、意思決定の透明性向上や利益相反の回避等を図ると共に、業務遂行上の各種リスクの管理及び低減に努めます。

5.外部評価・認証

顧客に関する外部評価及び保有物件に関する外部認証を活用することで、顧客のサステナビリティ推進活動の成果の客観性を高めるとともに、さらなる改善に努めます。

以上

付則

第1条 本方針の改廃は、取締役会の決議による。
第2条 本方針は、2021年3月11日から施行する。

2021年3月11日制定

このページの先頭へ